個人起業で生き残る人はわずか5%?!あなたが成功するコツはただひとつ

個人起業で生き残る人はわずか5%?!あなたが成功するコツはただひとつ

by hougetsu

皆さんは、「会社勤めをやめて個人起業した人のうち、順調にビジネスを成功させる人は5%」という話を聞いたことはありますか?

 

わずか5%の成功者と、やめてしまった人たちの間には、いったいどんな違いがあったのでしょうか?

 

今回は、自分自身も個人起業で成功して活動し続けている私・芳月が、成功する「最大のコツ」をお伝えします。

 

なぜ95%の人が起業を起動に乗せられないのか?

私も広告代理店勤務から起業を考え始めた頃、起業家向けのコーチングスクールや起業塾に通ったことがあります。

 

そこで大勢の起業をめざす人たちに出会いましたが、いま当時の顔ぶれを振り返ってみると、やはり20人に1人、つまり5%くらいの人しか軌道に乗っていないなあ…と感じます。

 

理由はなんでしょうか?

 

  • ブログなどの発信がうまくできなかった
  • 自分の強みやコンセプトがわからなかった
  • うまく行く気がせず断念した
  • 家族に反対された
  • 資金が足りなかった
  • お客様の集め方がわからなかった

 

…など、挙げ出すとキリがありません。

 

でも、ちょっと考えてみて下さい。

 

上記の理由は、ほんとうに「真の理由」だと言えるでしょうか…?

 

なぜなら、「ブログを書く方法」「集客のノウハウ」などの情報は、少しインターネットで検索すればいくらでも見つかります。しかも無料で。

 

私自身もこのブログでくりかえし「コンセプトの作り方」を解説していますし、書籍も出版していますので、その気になれば図書館で無料で読むことだってできます。

 

著作・教材

 

さらに、起業塾経営塾といった有料のスクールも世の中にたくさん存在し、そこから自分に合ったものを選ぶことも可能です。

 

つまり、「成功する方法」というのは、今はいくらでも手に入る時代なのです。

 

なのに、たった5%の人しか起業を成功にもっていくことができない…。

 

それは、要するにノウハウや方法以外のところに原因があるからなんです。

個人起業で成功できない人の「問題」はどこにあるのか?

成功するための方法はいくらでも出回っているとはいえ、それが「できるようになる」かどうかはまた別の問題です。

 

できるようにならず脱落してしまう…というのは、結局は本人の問題なわけですね。

 

 

では、その問題とは?どんな能力が必要なのか?というと、それはずばり

 

「継続できるかどうか」

 

これに尽きます。

 

仮にあなたが人より飲み込みスピードが遅かろうが、ビジネスセンスがちょっと足りなかろうが、心配になったとしても「とにかく辞めない」こと。

 

この継続力こそが5%に食い込む最大の要因なのです。

 

つまらない結論かもしれません。

 

でも、あなたの知っている成功した個人起業家をちょっと思いうかべてみてください。

 

今はビジネスも成功して楽しく稼いでいるように見えるかもしれませんが、どんな人でも必ず「売れない不遇の時期」を過ごしています

 

現に、私の周囲の成功している起業家だって、駆け出し時代の話を聞いてみると

「ちっとも売れずに、ハンバーガーすら食べられなかった!」

「毎日毎日ブログを書いても集客できず、貯金は減る一方だった…」

「やっとお客さんが来てくれたと思ったら、立地が悪いと靴で殴られたんです!」

…などなど、それはそれは聞いていて涙が出るような苦労のオンパレードです。

 

でも、彼らはやめなかった。

いつか必ず!と信じて、ブログを書いたり、相談やセッションを続けてきたわけです。

 

「継続」のモチベーションはどこから来るのか?

 

では、成功した人は、なぜ苦労してもやめずに継続できたのか?というと、実はこれも単純で、

「起業して売れる自分」をどうしても味わいたかったから!

なんです。

 

え?そんなの誰だってそうでしょう?と思うかもしれません。

 

ですが、継続できない人というのは一様に、「売れる自分を味わいたい」というシンプルな意欲が薄いという特徴があるんです。

 

いざ取り組もうとしても、

「なにもそこまでしなくても…」

「自分の時間を削るのは嫌だ」

「仲間と疎遠になるのはちょっと…」

など、売れる自分より優先する何かが次々に出てきてしまいます。

 

もちろん、売れさえすれば!と家族を犠牲にしたり、徹夜など身を削ったりするのは本末転倒ですよ。

 

じゃあどう考えれば良いかというと、

「売れて」「自由になって」「家族も大事にして」「好きなお客さんに囲まれて」

…という具合に、「全てが叶う自分」を思い描くのがポイントです。

 

多くの人は「お金が入ったら自由を失う」などと、勝手に何かを差し引いたり何かと引き替えにしなくてはならないと考えてしまったりします。

 

他ならぬ私自身も、起業を準備している頃、

「起業したら最初は売れないから貯金が減るだろう」

という勝手な思い込みが自分の中にあることに気づきました。

 

でも、

「待てよ。皆がそうだからと自分もそうとは限らない。どうせなら、会社を辞めてもそのままスムーズに独立できる自分を証明してやろう!」

と思い直したんです。

 

つまり、あなたがこれから起業するなら、成功のコツは

売れる=何かを犠牲にしなきゃいけないという思い込みを捨てること

です!

 

そして、その思い込みを捨てられたら、次は「売れる」という嬉しいできごとに、さらにどんどん「プラス」のできごとを上乗せしていきましょう。

 

たとえば、「売れる+楽しい人達と出会える+家族も喜ぶ」などです。

 

ただしプラスする内容は、力を分散させない方向性のものにして下さい。

 

「独立して売れる」+「会社員として安定も維持する」などはダメなことはわかりますよね。

 

目標のブレーキになるものはいさぎよく捨て、目標+更に良いことをプラスして考えていくことで、継続する意欲は何十倍にもなるんです!

 

おわりに

あなたが独立起業を軌道に乗せたいのなら、「どうしても欲しい理想の未来」を描いて、それに愚直に進むことです。

 

最初は途方もない未来に感じるかもしれませんが、やっていくうちに必ず「ここまで来た自分」を振り返る時が来ることは、私が保証します。

 

そこに向けて、余計なことは考えずひたすら進む。

 

今日はもうやりたくない!と思っても、SNSの発信だけはしておく

旅行などでブログが更新できないなら、スケジュールを調整して先に書いておき予約投稿をする…など。

個人起業でやりたいことがどんどん実現する「スケジュール」の立て方

こういうことを着実にやれば、あなたの継続力はどんどん高まっていきます

 

ちなみに、継続できるようになれば、なんと他の人のレベルまで分かるようになります。

 

「なぜこの人は欲しい未来を手にできないのか」まで手に取るように見えてくるので、そうなれば教える立場にだってなれます。

 

継続はただ「辞めなければいい」と考えるだけ。それほど大変なことではありません。

 

とにかく「辞めなければいい」だけなので、もし今、何かの手が止まっているとしたらすぐに再開してみましょう。

 

それもりっぱな継続です。目の前のことから一歩一歩続けていきましょう!

 

メールマガジンのご紹介

独立起業に向けたコンセプトのつくり方、ブランディングの方法、売れ続けるしくみを実践しながら学びたい方は、ぜひ無料メールマガジンを読んでみてください!

プロのマーケッターがお伝えするハイブランドメソッド

「予約でいっぱいのブランドをつくる無料メール講座」

Top