静かに起っている個人起業のトレンド変化

静かに起っている個人起業のトレンド変化

by hougetsu

芳月です。

 

 

先日、
実践講座のグループコンサルティング、
通称、「企画会議」で大阪い行ってきました。

 

そこで集まった方が抱えていた課題は、
大体が商品設計。

・どのような継続プランにすべきか?

・お客さんに「自分ごと」と思ってもらえる表現は何か?

・そもそも商品のゴールとは何なのか?

この辺りが、自分だけでは、
中々まとまらないんですね。

 

 

確かに、

はじめて商品設計をする場合は、
自分一人だけでは、ほぼ不可能!

 

私自身もそうですが、こういうのは、
経験+企画スキル+表現スキルのある人に相談しないと、
まとまるものもまとまらないわけです。

 

 

そして、

それを一発でササッとまとめ上げるワザが、
「ボードセッション」という方法です。

 

 

これは、受講生さんの課題を、
私が質問しながらホワイトボードに描きながら、

中々まとまらないコンセプト、商品、セミナーネタなどを
その場でカタチにしていくやり方なのですが、

これがお陰様でたいへん好評で、大阪でも、

「皆さんから次々と出てくるコトバ、
 それをスルスルとまとめ上げていく芳月さん、
 まるで魔法を見ているような気持ちでした」

 

「すごく楽しかったです〜!人生の勉強会みたいでした」

 

「自分の当たり前が、当たり前じゃなかった!
 え、そこ?って新鮮な驚きでした」

といった声を頂いています。

 

 

でも、実はこれ、

私が広告会社でやっていた、
アイデアブレストをまとめていくやり方で

 

当初、私はこれを「ワザ」とも「方法」とも、
何とも思っていませんでした。

 

 

それをたまたま、
コンセプトのセミナーでやってみたら、
意外にウケた。皆、ビックリした。

 

だから、「ボードセッション」という
名前をつけて方法論化したわけです。

 

 

また、以前の私も含めて、
多くの人が自分には何も無いという錯覚に陥るものですが、

 

このように、

自分の足下を見れば、

自分は当たり前でも、
他人はビックリするようなことって、
必ずあります。

 

それが、あなたオリジナルのワザ、ノウハウ、
そして、商品になっていくんですね。

 

 

 

さて、ところで。

このボードセッション付きの企画会議ですが、

これは、商品設計という目の前の課題を扱うこともありますが、
一方で、もっと大きな課題を扱う場合もあります。

 

例えば、

・次に向けて、利益が出ている商品メニューを
 どうやって統合し直すのか?

・ローンチなどのちょっと複雑なプロモーションを
 どうやってスケジューリングしたら良いのか?

・お客さんの本音をどうやって知ったら良いか?
 また、それをベースにしたコンセプトとは?

などですね。

 

 

この話、

少し前にメルマガでもお話したのですが、

このようなワンランク上のサービスを
4月初旬から募集しようと思っています。

 

 

内容的には、
ビジネスステージをワンランクUPさせたい方向けに、

「最上位のサービス」をコンセプトとして、
お届けする予定です。

 

 

詳細はまたお知らせしていきますが、
一つだけ、このサービスのモットーとすることだけ、
今日はお伝えしておきたいと思います。

それは何かというと・・・。

 

 

==========
“真っ当なビジネス”
==========

 

 

 

ということです;;;

 

 

私は、これからのトレンドは、
個人起業もどんどん“真っ当なビジネス”に変化していく、
と思っています。

 

これは何も、

私がそうしたいから言うのではなく、
既に静かなトレンドです。

 

 

なぜ、そう言えるのか?というと、
少なくとも次の3点からです。

 

 

一つ目は、

情報がどんどん溢れて、
起業したい人達の

学習レベルが上がっていることです。

 

要は、
それだけ情報が溢れて、皆、よく学んでいるので、

ちょっと前によくあったような、

“情報弱者に教えてあげる”みたいなビジネスは、
どんどん淘汰されている、ということですね。

 

 

二つ目は、

Web・SNSのトレンドです。

 

昨年辺りから、

FB広告やPPC広告の審査基準
以前に比べて極端に厳しくなりました。

 

また、Googleのアルゴリズムも
ますます「真っ当」なサイトを評価し出しています。

 

これはつまりは、今までの個人起業によく見られた、
「稼げますよ!」「成功しますよ!」のような
誤認を生むやり方が、

 

社会的に認められなくなりつつある
ことを示しています。

 

一般社会では、この辺りの表現は、
すご~く厳しいですからね。

 

 

 

そして三つ目は、

これは私の元に集まるお客さんの声です。

皆、実によく「起業塾」を調べているし、
起業塾経験談も教えてくれます。

それで、その中に時々出てくるのは、

質問しても一週間放ったらかしとか、
人格否定のスパルタとか、
これも一般社会ではあり得ない話です。

 

私は当初、こういう対応にすごく驚いたし、
そういうことは絶対にやりたくないと思ったし、

 

でも、一方でそれにズルズル引きずられていく、
受講者の弱さや未熟さも感じていました。

 

でも、そういう経験をして、
多くの人が、“真っ当”にやることの大切さや、

 

“真っ当な人や場所”を強く望んでいる、
ということを感じざるを得ないわけです。

 

 

 

このような静かな、でも確かな変化が
個人起業に起っていると思いますが、

 

実は、マーケティング的に言うと、
どんなジャンルでも成長するに従って、
真っ当になる傾向があるのです。

 

 

まぁ、動きとしてはまだまだゆったりだし、
皆、試行錯誤しながらなので、

行きつ戻りつを繰り返しながら、
変わっていくんじゃないかな?と思っています。

 

話は長くなりましたが、

つまりは、私はこういう“真っ当”をキーワードに、
新しいサービス(=コース)は、
まずは少人数からスタートしたいと思っています。

 

 

というわけで、この話、
これから少しの間、続くと思いますが、

 

 

 

引き続き、よろしくお願いします!

 

 

追伸)

 

今日は成果報告とは少し違いますが、
ある受講生の方が書いたブログ記事が、

 

人気記事ランキングに入るなど、
そういう“成果”も出始めています。

 

成果報告というと、
売上や申込み人数ばかりに目が行くものですが、

 

そこに至るまでのプロセスにこそ、
成功要因があるのですから、

こういうご報告も私はとてもワクワクしますね。

 

 

こんな“経過”も時々、
ご紹介していきますね。

 

 

 

では、また!

 

 

 

==================================

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■『最強コンセプトで独立起業をラクラク軌道に乗せる方法』
  

 

 

■『企画で勝負をしている人のアイデアのワザ』
  

 

 

■『ビジネススタートアップ<自宅ワークキット>』
  

 

 

芳月健太郎★公式LINE@にご登録頂きますと、
登録特典として「コンセプトのワークシート」を差し上げています。

また、私、芳月と1対1トークで質問や相談も無料できますので、
是非、ご登録ください。

 

 

 (ID: @ksr9853n)

 

 

では、よろしくお願いします!

 

 

Top