起業して賞賛されるうちはプロではない

起業して賞賛されるうちはプロではない

by hougetsu

起業する目的のひとつに

「プロとして身を立てたい」というのがあるものです。

では、「プロ」は周りから「先生!」と持ち上げられるのが

本当にプロなのか?

 

どうやらそれは真逆のようですね。

プロとして起業している人ほど、その感覚がわかると思います。

 

 

起業して賞賛されるうちはプロではない

 

 

 

芳月です。

 

起業に必要なことが

継続ができない理由の一つに、

単調なパターンに耐えられない・・・

というのがありますよね?

「このまま同じような
 ブログ記事を書き続けて良いのか?」

「このまま同じような
 個人セッションを続けて良いのか?」

ビジネスが回り出した人から見ると、

 

95%の人

あまりにも早い段階で

こんな理由で手を止めたり、

諦めたりするので、

 

だから、個人起業のコンサルには、
辛口・パワハラ系の人が多いのです(笑)。

(「バカヤロ、何、ここで諦めてんだよ!」ってところですね)

 

次に多いのは、

反応がないことに耐えられない・・・

というヤツです。

 

人によっては「無視された」と
思う人もいるようで、この勝手な自己評価が、
自らブレーキをかけるわけです。

 

 

因みに私は、
1年3ヶ月の間、無反応のブログを書き続けましたが、
そこまでは思いませんでしたよ。

 

当時、私は、
心療内科で「不安障害」と診断されましたが、

不安は「無視される不安」ではなく、
将来の不安でした。

 

その不安を克服して、
目に見える「希望の証」が欲しかったから、

単調なパターンだろうが、
無視されようが、

続けられたわけです。

 

 

結局、

独立起業でもブログでも、
あるいはこれから始めるスポーツでも、

第一段階は、単調や無視を乗り越える「負けじ根性」がポイントですね。

 

 

そして、その負けじ根性は、
どうしてもそうなりたい!という、
良い悪いは横に置いた「欲望」が原動力です。

 

 

そして、

独立起業で言えば、やっと結果が出始める頃、

単調はお客さんとの刺激に変わり、
無視は注目に変わり、
当然、売上もグンと上がりはじめます。

 

すると、こんなふうに言われ始めます。

「○○先生、次のセミナーはいつですか?」

「○○先生のおかげで人生が変わりました!」

こんなふうになるんですね。

 

 

でも、お分りだと思いますが、
こういうのも注意が必要です。

それは何かというと、
「謙虚さ」を試されるからです。

 

特に個人起業の世界は、

「売れた者勝ち」的な雰囲気がありますよね?

・売れた人の真似をすれば良い

・売れた人の意見が正しい

皆、心の底でそう思っているから、

今度は、自分が少し売れ出すと、

後から来る人に要らん説教とか始める(笑)。

 

 

こういうのが、
墜落のプロローグなわけです。

 

 

そして、次に来るのが非難とか悪口です。

「アイツのやり方って、おかしいよな」

「インチキなんじゃね?お前のやっていること」

こんなことを言われ始め、
自分は一生懸命やっているのに、

なぜ、こんなことを言われなきゃいけないのか!
という理不尽な気持ちを味わったりします。

 

私は、まだそこまで言われませんが、
ネットで時々、悪口を言われるし、

本の書評で「中身のない本」と
書かれることもあります(笑)。

 

でも、

野球の野村克也氏によると、

 

「賞賛されるうちはプロではない」

 

・・そうですから、

 

悪口を言われ始めるというのは、
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
プロとしてステージが上がる「兆し」なんですね。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、その先は、
自分の行く道に賛同者や同志が集まり、

非難や妨害の圧力を、
同志や共感のチカラで押し上げる段階が来るそうです。

 

もちろん、私はまだそこまで言っていないので、
私が言っても説得力がないのですが、

 

でも、そういう事なんだと、
頭に入れておけば、

それを試される場面で、
正しい選択ができると思うんですね。

 

 

 

こんなふうにね、

仕事が大きくなるに従って、
試されることが変わるらしいですよ。

 

“らしい”と言ったのは、
この話の出所が、
働き方の哲学という本だからです(笑)。

 

それはともかく、

時々、こんなことを考えたり、

振り返ったりするほど、

日頃の発信が深くなりますよ。

 

 

今、皆がどんどん発信する時代ですから、

周りとはひと味違った内容って、

やっぱり際立つんですね。

 

 

それには文章力というよりは、

こんな答えのない問いを考え続けること

だと思います。

 

 

というわけで、
今日はこのへんで。

 

 

 

--------------------------

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■『最強コンセプトで独立起業をラクラク軌道に乗せる方法』
  

 

 

■『企画で勝負をしている人のアイデアのワザ』
  

 

 

■『ビジネススタートアップ<自宅ワークキット>』
  

 

 

芳月健太郎★公式LINE@にご登録頂きますと、
登録特典として「コンセプトのワークシート」を差し上げています。

また、私、芳月と1対1トークで質問や相談も無料できますので、
是非、ご登録ください。

 

 

 (ID: @ksr9853n)

 

 

では、よろしくお願いします!

 

 

 

 

Top