コンサルのアドバイスに“違和感”がある時、あなたはどうしていますか?

コンサルのアドバイスに“違和感”がある時、あなたはどうしていますか?

by hougetsu

芳月です。

 

 

 

あなたが服を買うときに、
気をつけていることって、何ですか?

 

 

私はこの頃は、
パーソナルスタイリストさんにお願いしているので、
もう全部お任せすることにしています。

 

家内が世話になっている人なのですが、
すごくセンスが良くなったので、
私もお願いすることにしたわけです。

 

 

すると、やっぱり、

以前の私では絶対に選ばなかったジャケットや
この組合せ?と戸惑うような
コーディネートが出てきますね。

 

そして、その一瞬の“戸惑い”を受け入れると、
なぜか周りからの評判が良い(苦笑)。

 

 

結局、

自分で似合うと思っていたものは、
案外、周りから見ればそうではなく、

 

自分では合わないと思い込んでいたものは、
実は、「早くそうすれば良かったのに!」
と思われていることが多い、ということですね;;;

 

これってビジネスでも全く同じです。

 

・自分がこだわってきたこと

・求めていた答えを見つけた感動

・これが正しいんだ!と発信したメッセージ

 

こういうのは、
意外と反応は取れません。

 

 

散々考えて、自分の価値観と照らし合わせて、
よし!これが私だ!という所まで来たのに、

いざ、それを出すと肩透かしを食らったような
感じになるんです。

 

 

私などは以前、

これに調査データまで加えて出した答えが、
結果、肩透かしになったこともあります(苦笑)。

 

 

 

 

まぁ、要は・・・

いつの間にか自分目線になっていた・・・ってことです(汗)。

 

 

 

最近、つくづく思うのは、

 

多くの人が、このような

 

「自分目線 vs 他人目線」とか、

「ビフォーアフター」とか、

 

通り一遍のノウハウというものを、

 

ちゃんと理解できていない、

しっかりと使いこなせていない、

 

ということですね。

 

 

 

そしてまた、

そういうノウハウやコンサルのアドバイスを
自分に当てはめる時、

「変な違和感」がありませんか?(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何か、ゴルフとかテニスとかで、
コーチから正しいスウィングを教わるとき、

「え??こんなに肘を伸ばすのぉ?」

「こんなにチカラを緩めたら、球に負けちゃわない?」

となって、受け入れがたい気持ちになる、アレです。

 

 

 

でもね。

 

 

 

結局、後から色々と思い返してみるとね、

 

 

そのアドバイスが正解なんです(笑)。

 

 

 

以前の自分だったら、
絶対に選ばないような違和感の中に、
売れていく“正解”があるということですね。

 

 

 

しかもですよ、

その違和感を受け入れて、
自分でできるまでに、馴染ませることも必要です。

 

 

さっきのゴルフやテニスで教わったスウィングを
違和感がなくなるまで、
自分のものにする必要があるわけです。

 

 

で、それをビジネスに置き換えると、
どんな感覚になるかというと、

・普段の発信が
「面白くなって刺さる感覚」

 

・コンセプトや商品が
「パッと一言でわかりやすくなる感覚」

 

・セールスをしながらお客さんと
「意気投合する感覚」

 

です。

 

 

 

こんなふうに変わるんです。

 

 

 

大事なのは「感覚」ですよ。

 

 

 

この感覚がつかめたら、

そりゃ、ビジネスはもっと楽しくなります!(笑)

 

 

 

じゃ、アンタは1年365日が全部楽しいのか?

と言われると、
まだまだこの感覚になり切れない時もありますが(苦笑)、

 

それはともかく、

こういう感覚を得ることが、
ビジネス塾やコンサルに投資する価値なんです。

 

 

 

もちろん、

「1ヶ月でこんな売れた実績!」というのは、

見る側としてはインパクトがあるし、
見せる側はPRとしてやらなきゃダメです。

 

 

でも、本当は、

・自分の(ダメだった)クセに気づいた!
 ↓
 もう同じ轍は踏まないと誓った
 ↓
 本当にクセがなくなってきた

とか、

・如何に自分が理解していなかったかがわかった!
 ↓
 講座がある今のうちに失敗を沢山しておこうと思った
 ↓
 実際、どんどんチャレンジして、自分なりのコツをつかんだ

という方が、

遙かに尊くて、しかもそれこそが、
長く売れ続けるチカラなんです。

 

 

私、今年に入って、

実践講座や個人セッションで、
改めて、沢山のテンプレートを提供することにしています。

・出版社が指名したくなるような
 プロに見えるプロフィールテンプレート

・商品設計に必要な7つの要素を図解した
 高額商品づくりのテンプレート

・4つの型の中で一番つくりやすい
 ステップメールのシナリオテンプレート

など、色々あります。

 

 

 

でも、それらは、
テンプレートを使って、
自分からアウトプットをするから、

ちゃんとできるようになったり、
個性が見えるようになったりするんですね。

 

 

結果をもらいに行くのではなく、
結果を出せる力をつける。

 

 

それがわかっている人は、
塾やコンサルの手助けを借りながら、
上手にチカラをつけています。

 

 

 

==================================

 

 

 

 

 

 

 

 

■『最強コンセプトで独立起業をラクラク軌道に乗せる方法』
  

 

 

■『企画で勝負をしている人のアイデアのワザ』
  

 

 

■『ビジネススタートアップ<自宅ワークキット>』
  

 

 

公式LINE@にご登録頂きますと、
登録特典として「コンセプトのワークシート」を差し上げています。

また、私、芳月と1対1トークで質問もできますので、
是非、ご登録ください。

 

 

では、よろしくお願いします!

 

 

 

Top