未分類

コンサル・コーチ・講師、ビジネス成長の3段階。あなたは今どこにいる?

その分野のスペシャリストとして、クライアントの課題を発見し解決策を提案、ゴールまで支援する「コーチ」「コンサルタント」などの仕事。また自身の経験から得たノウハウやメソッドをセミナーなどで伝えプロを育てていく「講師」の仕事には、駆け出しの時代から指導者レベルまでさまざまな段階があります。

今回は、それぞれの段階(ステップ)を3つにわけて解説各ステップにいる人の特徴と、やるべきことやマインドの持ちよう、注意するべきことなどを解説します。

あなたは今どの段階にいるのか、ぜひ自分に当てはめながら読んでみてくださいね。

誰にでも、ゼロの時代がある!

先日、私のハイブランド講座を受講中のある生徒さんが、120万の継続コンサルを成約しました。(※私の「ザ・ハイブランドビジネスマスターコース」「マスターブランディングコース」は、講座ビジネスを発展させたい方向けの講座です)

しかも即決だったとか。

120万はかなりの高額だといえますが、実は私の受講生さんではそこまで珍しい話ではないんです。

今回のように経験十分な人はもちろんですが、全くゼロスタートの人でも同じようにブランドを構築し、最終的には契約が決まっていきます

100万円以上の成約と聞くと、ゼロスタートの方や、まだ低額メニューしか扱っていない方からすると、自分には縁のない世界の話のように感じるかもしれません。

でも、いまそんな高額な商品が売れる人にも、ちゃんと下積みの時代があるんですよ。

私自身も、私の周りのコンサル仲間も全員がそうです。

というよりも、下積みなしに成果を上げる人なんていないですし、その時代の経験があるからこそ価値ある商品を作れたり、プロモーションを仕掛けたりするだけのチカラがつく、ということですね。

そして私は、独立起業を志した人がビジネスを立ち上げ発展していくまでには、大きく分けて3つのステージがあると思っています。

これから3つに分けて解説していきます。

レベル1:モラトリアム期

「モラトリアム」とは直訳すると「執行猶予」という意味で、何かが本格的に始まる前のちょっと立ち止まったような時期のことをいいます。

私自身にもその時期がありましたし、いま活躍しているコンサルタントやコーチ、講師でも100%経験しているはずの「何をどうしてよいかわからない」段階です。

自分の強みがわからないどんな人が自分に期待してくれるのかわからない・・・手探りの辛~い時期ですね。

何ごとも0→1にするのが大変とよく言われますが、この0→1の中でも、特に前半はただ悶々と何の手応えもなく過ぎてしまう、自分が情けなく感じる時です。

私ももれなくこの時期を過ごし、毎日一生懸命ブログを書いても、何も起こらないまま1年3ヶ月が過ぎたことがありましたが、ほとんどの人はこれに耐えられません

「他に、もっと優れたやり方があるはずだ」

「私にはもっと向いている道があるはずだ」

こんな思いが頭から離れない時に、

「〇〇するだけで月〇万!」

みたいなコピーに目が眩んで、思わずフラフラ~っと申し込んでしまうのもこういう時ですね(笑)。

でも、そこをグッと堪え忍んで、コツコツを続けた人にだけ、

「そうか!こうすれば良かったんだ」

「お客さんはこうすれば喜んでくれるんだ」

という真実がわかり始め、ビジネスを立ち上げるためになぜあんなことやこんなことをしなきゃいけないのか?という理由が身に染みてわかるようになります。

そうなると、モラトリアム期は卒業して、次の「立ち上げ期」に入ります。

レベル2:立ち上げ期

「立ち上げ期」とは、ここまでに積み上げてきたことを生かしてまさにビジネスを立ち上げる段階

商品を作ったり、せっせと集客基盤づくりに励み、実際にサイクルを回し始めます。

ときにはうまく行ったりしくじったり、色々な経験を重ねて忙しく過ごす時期ですね。

この段階になると、自分の商品サービスのコンセプトも決まってきて、売上も少しずつ上がるようになっていきます。

そしてこういう状態がしばらく続き、顧客成果も揃ってくると、次はもっと商品を強くしたり集客力を上げたりして、仕組みを強くしたい!と考えるようになります。

これが次に来る「展開期」です。

レベル3:展開期

この時期には、売上も伸びてきて忙しく過ごす人がほとんどですが、この段階でも、自分のポジションへの迷い、何かを変えようと思っても忙しくて中々できない…など、様々な葛藤を抱えます。

(※私の上級コースは、この時期の人たちを対象としています)

このようにして、モラトリアム期→立ち上げ期→展開期と、時にはゆらゆらと行きつ戻りつを繰り返しながら、あなたのビジネスは成長していくんですね。

また、あなたのビジネスの土台となる商品サービスの「コンセプト」も、この成長段階と共に少しずつ変化していきます

もちろん大枠は変わらない(というか変えてはいけない)のですが、

  • ターゲットへの呼びかけ方
  • マスターコンセプトの中に施策レベルのコンセプトをどう配置するか
  • 商品構成をどうやって最適にするか
  • リポジショニングするなら具体的にどうやってそれを実現していくか

などの内容について、それぞれ変えるところ・変えないところ、その双方を見極めないといけないわけです。

そして、ここを見極めながら次のコンセプトと高額商品を作るという流れは、モラトリアム期でも、立ち上げ期でも、展開期でも、皆一緒なんです。

だから、経験者もゼロスタートの人でもここは一緒。

ゼロスタートの人は経験者の力を借り、経験者は初心に立ち返るきっかけをくれるゼロスタートの人の意見を聞く。

売上げが多いか少ないかより、こういうコミュニティが私は良いと思っています。

私のハイブランド講座は、こんな感じで、皆喜んだり悔しがったりしながら、前に進んでいますよ。

自分もオンリーワンの価値を提供できる商品・講座を展開できるようになりたい!と思う人は、「ザ・ハイブランドビジネスマスターコース」「マスターブランディングコース」で学んでみてください。

募集はメルマガ内で随時行いますので、気になる方は以下からメールマガジンに登録してお待ちくださいね!

メールマガジンのご紹介

独立起業に向けたコンセプトのつくり方、ブランディングの方法、売れ続けるしくみを実践しながら学びたい方は、ぜひ無料メールマガジンを読んでみてください!

プロのマーケッターがお伝えするハイブランドメソッド

「予約でいっぱいのブランドをつくる無料メール講座」

-未分類

© 2021 芳月健太郎 公式サイト