実践講座

対人支援サービスは価格が高いほど喜ばれる!あなたにも今すぐできる方法

コーチ・コンサルタント・カウンセラー・セラピストetc.、対人支援の分野で独立起業して間もない人や、現在2〜3年目という人。

今、あなたのセッションや講座などの商品サービスに、どのくらいの価格をつけていますか?

10万、20万といった高価格はとても自信がなく、低単価で収益が伸び悩んでいる……という人はいないでしょうか。

実は、対人支援の仕事は価格が高い方が感謝されるんです。

今回は、その理由をお客さんの心理メカニズムから解き明かし、多くの人が低単価を抜け出せない中で、喜ばれ感謝されながら高価格を実現する方法を解説します。

1万円のセッションでは月収50万円は永遠に叶わない

「ビジネスでしっかり成果を出し、それなりに稼いでいきたい」という場合、たとえば月収ベースで50万を目標としてみましょう。

それに対して、あなたのセッションや講座の価格はどれくらいですか?

まだ駆け出しの人だったら1万円以下。

何年か経験を積んだ人だったら頑張って2~3万円程度。

……というところでしょうか。

「そのくらいなら払ってもらえそう」

「今の自分の実績ならそのくらいではないかと」

そうですよね。気持ちはよく分かります。

でも、これらはみんな、単発型の値付けですよね?

この値付けでやっている限り、ビジネスは絶対上向きにはなりません。

単純に考えてみてください。

たとえばあなたのコーチングやカウンセリングが単発1万円だとします。

あなたは少なくとも、月に50万くらいの収入が欲しい。

すると、月50万=1万円×「毎月50人」の集客人数が必要です。

いいですか?繰り返しますよ。

毎月50人です……!

毎月50人をずーっと集客し続けるというのは、はっきり言ってムリです。

億超えの起業家だって、ずーっと50人を毎月集客するのは非常に難しいのですから。

広告費を使えば集中的に集客することはできますが、ずーっとというのは相当ハードルが高いわけです。

それを、起業3年目くらいの人が、まだメルマガ読者も少ししかいない人が、コンセプトもグラグラしている人が、毎月50人を集客するというのは、確実にムリなんです。

四則計算ができれば、わかる話ですよね。

こうすれば、今月からでも50万は可能!

1万円のプログラムを毎月50人に売るのは無理。

でも、50万のプログラムを毎月1人だったら…?

とうぜん毎月50万を得ることは可能です。

駆け出しの人でも、副業中の人でも、これだったらできるんです。

ということは、あなたは何をすればいいでしょうか?

そう、集客!集客!の前に、まずは50万のプログラムをつくることが先決です!!

こう書いてみると、ごく当たり前の話なわけですが…

急に50万のプログラムを作れと言われても、

「えっ?今の私に50万円ぶんの価値なんて提供できるの?」

「50万円もの高いお金をもらって、成果が出なかったらどうしよう・・・」

と不安になりますよね。

でも、実はその心配はいらないんです!!

なぜなら、クライアントというのは、高額を払ってくれた人の方がしっかり成果を出すんですよ。

これは本当に大切な真実なので、しっかり覚えてくださいね。

価格を上げた方が、安い価格でやるより成果も出しやすくなり、ずっとずっと感謝されるんです。

高価格のほうが感謝され、喜ばれる理由

1万円のセッションより、50万円のプログラムの方が成果が出て喜ばれるのはなぜだと思いますか?

それはですね、こういうメカニズムです。

まず、高いお金を払った人というのは、それだけのお金を払ったんだから頑張らなきゃ!という気持ちになります。

これに対して、安い価格しか払わない人はどこかで逃げ道をつくっていたり、“ちょい足し”で美味しい成果だけ求めたりと、実は本気ではない人が多いのです。

高いお金を払った人は、それだけ本気で頑張るから、成果が出る確率も格段に上がります。

すると、人間というのは不思議なもので、成果さえ出してしまえば払った金額はあまり気にしなくなるんです。

また仮に、あなたが訴求したレベルまでの成果が出なかったとしても、

「ここまで頑張れた私に満足!」

「こんなにサポートしてくれたあなたに感激!」

「成果まで行かなくても、あと一歩が見えて嬉しい!」

という気持ちになって、単発1万円でやっていた頃より、遙かにあなたに感謝してくれるんです。

そして、そうやって感謝できる人というのは、人として至極真っ当な感性を持った人ですよね。

価格を高くすると、そういう人が集まる比率が、グン!と高まるわけです。

(ここだけの話ですが、低価格を最重視する人はクレームも多いものです)

対人支援の仕事というのは、物を売る仕事や納品・代行・制作などの仕事が「安く・早く・品質が良い」ほど喜ばれるのと違って、高い方が逆に感謝されるのは、こういう理由からなんですね。

低単価から抜け出し、もっと喜ばれる仕事をしよう

あなたの仕事を「感謝されるビジネス」に変えていくには、

  1. クライアントと継続で関わるような高額プログラムをつくる
  2. その高額プログラムを中心としてビジネスに再構築する

ことが必要です。

特にこれまで、

  1. 低単価の単発が中心だった人
  2. 制作・代行などの請負が中心だった人

は、このビジネスモデルを高額プログラム中心に変えないと、早かれ遅かれ売上は限界になりますからね。

ぜひここから考えてみて下さい。

今までの「高価格」に対するブロックが外れて、もっと多くの質のいいお客さんに喜ばれるビジネスが回りはじめますよ。

メールマガジンのご紹介

独立起業に欠かせない「コンセプト」のつくり方、ブランディングの方法、売れ続けるしくみを実践しながら学びたい方は、ぜひ無料メールマガジンを読んでみてください。

「予約でいっぱいのブランドをつくる無料メール講座」

-実践講座
-, , ,

© 2023 芳月健太郎 公式サイト