menu

芳月健太郎 公式サイト

元広告会社プランナーの芳月健太郎が、企画コーチングであなたの隠れた才能を商品化し、さらに活躍するあなたへ導きます

あなたの仕事の存在理由は何ですか?

a1180_014933【気球】

企画コーチの芳月健太郎です。

 

「ミッションが大事」とよく言われますね?

 

ドラッカーも一番大事と言っているし、
ミッションがあなたの
在り方や存在理由を創ると言っても
過言ではありません。

 

でも、多くの人は、
これを真面目に創っていませんね?

 

まぁ、仕方がないかもしれません。

 

どのようなモノがミッションなのか
よく分からないし、
どうやってつくったら良いかも分からない。

 

コンセプトも同じです。

 

コンセプトが何かよく分からないし、
創り方も分からない。

 

第一、それが出来たら売れるのか?
と言われると、
それが直接、目に見える形で
返って来るかというと、
どうもそうでもない。

 

だから、ほとんどの人が
手をつけないままなわけです。

 

では、ちょっと、
こういう場面を創造してみてください。

 

1)今までと違うタイプのお客様に
  どうも困惑している。
  この手のお客様を今後、
  引き受けて行くべきだろうか?

 

2)最近、アイデアが枯渇しがち。
  でも、これまでやって来た世界は、
  既に掘り尽くした感じがする。

 

3)自分のやっている仕事に
  何か意義のようなモノを感じたい。
  でも、それが何かはっきりしない。

 

いかがでしょう?

 

ある程度、やって来ると、
こんな感覚に襲われたりするものです。

 

こういう時、どうすれば良いのでしょう?

 

これらの問いは、全て、
あなたの存在理由に関わる問題です。

 

そもそも仕事とは、
人と人の間、人と社会の間に
あるものですね?

 

また同時に、仕事はあなたが
関わる対象をより良くするためにあります。

 

それは、
精神的価値かもしれないし、
利便性という価値かもしれない。
また、単純に利潤かもしれなません。

 

では、その価値とは、
一体、どのようなものなのでしょう?

 

それを規定するのが、
ミッションというわけです。

 

その作り方は、
またどこかでお話しますが、
ミッションには、少なくとも
次の3つが含まれている事が必須です。

 

それは、

 

1)到達目標が含まれている事
2)未来に向けての行動である事
3)それが何かに求められている事

 

です。

 

そして、創るにあたっては、
一つ、気をつけたい事があります。

 

それは、ミッションを創る
タイミングです。

 

ありがちなのは、
ミッションを「自分の使命」と捉えて、
自分の事「だけ」に
頭が行ってしまう事です。

 

「私はずっとこれを求めてきた」
「私がやりたかったのはこれだ」

 

こういう思考でいると、
ミッションは中々、出来ません。

 

仮に出来たとしても、
多分、あまり良いモノではありません。

 

それはなぜかと言うと・・・

 

顧客不在のミッションだからです。

 

a1180_014933【気球】

先にもお話した通り、
仕事は、あなたとお客様の間に
あるものですね?

 

そこには当然、
お客様の視点が無ければ、
ただの独りよがりになってしまうわけです。

 

そうは言っても、お客様の事が、
どうもよく分からないんです、
という声が聞こえてきそうです。

 

でも、だからこそ、
ある程度、お客様と接して、
お客様の事が色々分かり出した時が、
ミッションの創り時なのです。

 

冒頭の1)~3)のような漠然とした感覚は、
皆、お客様との関わりの中で、
漠然と湧き出てくるものですよね?

 

そして、それは、
あなたが、お客様と
向き合ってきたからこそ、
そういう想いが湧いて来たのです。

 

もし、お客様の事が
あまりピンと来ていないとしたら、
ミッションを創るのは、
ちょっと早過ぎです。

 

また、お客様と関わって来たのに、
使命だからと自分の事だけに
頭が行くようだと、
これまた、ミッションを創るための
考える素材が足らないのです。

 

ミッションもコンセプトも、
皆、相手あってこそです。

 

創りたいと思うその前に、
もう一度、お客様が何を望んでいるのか、
リサーチしてみましょう。

そして、お客様の頭の中に
「何が起こっているのかな~?」
というモードになってください。

 

それが、あなたが次の道に行くための
最初のステップだと思います。

 

--

 

行く道が決まっているなら、
その道を商品化して下さい。

その商品でお客様を助けて行く経験で、
ミッションを考える機会も生まれます。

 

 ↓↓↓

 

● あなた才能を商品化するグループセッション
 「みんなで商品会議」は10/18(土)に開催です。
 ▶こちらをクリック!

 

―――

 

● あなた独自のコンセプトをつくり、
 「予約でいっぱいの仕組みをつくる無料メール講座」は
 ▶こちらをクリック!
 
● コンセプト・ブートキャンプ!≪自宅ワーク版≫は、
 ▶こちらをクリック!
 
● 芳月健太郎のアメブロは
 ▶こちらをクリック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。