menu

芳月健太郎 公式サイト

元広告会社プランナーの芳月健太郎が、企画コーチングであなたの隠れた才能を商品化し、さらに活躍するあなたへ導きます

無から有を生み出すまでには4段階ある

a0002_010998【キーボードとタブレット】

企画コーチの芳月健太郎です。

 

「願望を実現するには、未来を細部まで
 ありありと思い浮かべる事が必要だ」
「未来を実現するには、とにかく行動が大事だ」

 

   
このような言葉を聞いた事はありませんか?

 

前者は自己啓発、後者はビジネスでよく聞かれる事です。
もちろん、これらはとても大事な事です。

 

では、企画って、何でしょう?

 

あえて言うなら、
「企画は、今、漠然としている状態を
カタチにしていく創造のプロセス」
と定義づけられると思います。

 

そして例えば、あなたが、
「夫婦がずっと仲良くいられる新しい家具を商品化したい」
「わが社のこのブランドのシェアをあと1%上げたい」
というお題を目の前にしたら、
その実現には、どんなプロセスがあると思いますか?

 

a0002_010998【キーボードとタブレット】

それは、どんな場合でも次の通りです。

 

①その実現に向けた閃きを得る
②その閃きを更に想い描く
③その想いを人に伝えられるように書き起こす
④書き起こしたモノに基づいて行動する

 

あなたの会社の仕事でも、あなたの将来でも、
願望の実現は、皆、このようなプロセスを辿ります。

 

企画書を書くのは、まさに書き起こすプロセスだし、
ブレーンストーミングは、閃くためにあります。
またプレゼンテーションは行動ですね?

 

でも、それらは皆、願望実現のプロセスには変わりないのです。

 

そして、この4つの流れは、どこかが欠けていると、
形になりません。

 

閃かなければ、何かをしようがないし、
思い描かなければ、アイデアは思いつきのままです。
また、書き起こさなければ、人に想いを伝える事はできないし、
行動しなければ、企画は絵に描いた餅なのです。

 

しかし、往々にして、人はこのどこかが欠けてしまうものです。
凄い行動力があるのに、イマイチ何をやっているのか分からない人は、
大体、書き起こす所をすっ飛ばしています。

 

色々なアイデアを思いつくのに、中々形にならないのは、
考えてばかりで、行動が伴っていない場合が少なくありません。

つまり、想いをカタチにする(=願望を実現する)ためには、
そのテーマに沿って、
閃いて、想い描いて、書き起こして、行動する
という流れで進まないと
中々、実現しないものなのです。

 

企画マンの頭の中には、
この4つの流れが、実にしっかりと刻み込まれているものです。

 

今、アイデアを出す段階なのか、
どの辺りまで想い描いたら書き起こす事が出来るのか、
実現にどんな行動が必要なのかが、すぐピンと来るのは、
ゴールに向けたこの4段階が、頭にあるからです。

 

もし、あなたの仕事や願望が、中々思うように行かないのだとしたら、
この4段階の中で欠けている所はどこなのかを考えてみて下さい。

 

そして、企画のセンスは、この4段階をスムーズにする力だという事が
分かってくると思います。

 

―――

 

● あなた独自のコンセプトをつくり、
 「予約でいっぱいの仕組みをつくる無料メール講座」は
 ▶こちらをクリック!
 
● コンセプト・ブートキャンプ!≪自宅ワーク版≫は、
 ▶こちらをクリック!
 
● 芳月健太郎のアメブロは
 ▶こちらをクリック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。