menu

芳月健太郎 公式サイト

元広告会社プランナーの芳月健太郎が、企画コーチングであなたの隠れた才能を商品化し、さらに活躍するあなたへ導きます

「いいね」はもらえるけど、申し込みが入らないんです

a0002_010650【いいね記事用アイパッドを見る女性】

こんにちは。
企画コーチの芳月健太郎です。

 

「Before→Afterが大事です」

 

あなたも何度も聞いた言葉だと思います。

 

でも、多くの人が
大事なのは分かるけど、
それをどうして良いか分からない、
という状況だと思います。

 

Before→Afterは、
Beforeが、お客様から共感されるもの
Afterは、そのお客様が欲しい未来
で構成されます。

 

・・・で、あなたのブログや
ホームページのタイトルを見て下さい。

 

a0002_010650【いいね記事用アイパッドを見る女性】

Afterを示す言葉が入っています?
Afterがお客様が欲しい事ですよ。

 

 

Afterを示す言葉って、
「変わる」「本当の自分になる」「元気になる」
といった“バクッとした言葉”だと、
お客様が欲しい未来になりません。

 

「変わる」は、変化の途中を意味するので、
変わったその先が分かりません。

 

「本当の自分になる」は、
そもそもお客様は、何が本当か分からないから
悩んでいるはずです。

 

「元気になる」のだったら、
コーチングやカウンセリング以外にも
色々な方法がありますね?

 

コーチングやカウンセリングで、
変わったり、本当の自分になったり、
元気になるのは、
当たり前と思った方が良いです。

 

お客様は、当たり前のその先が欲しいのです。

 

だから、タイトルを考える時は、
変わってどうなるか?
本当の自分になってどうなるか?
元気になってどうなるか?
を表現しないと、
お客様が欲しい未来にならないわけです。

 

せっかくあなたが、
素晴らしいスキルや経験を持っていても、
ここがしっかり表現されていないと、

 

いくら高額商品をつくっても、
いくら仕組みをつくっても、
根本的な問題は解消されないのです。

 

あ、もちろん、まだ仕組みがない場合は、
少々、コンセプトがゆるくても、
一度、形をつくる事をお勧めします。

 

なぜかと言うと、
形にして世に問わないと、
本当の課題が見えてこないからです。

 

形をつくって、結果が出ないと、
ガクっとなるものですが、
そこで諦めるのは早過ぎです。

 

むしろ、そこから始まると思って下さい。

 

一方で、あなたが、

 

・ある程度、形は出来て来たのに、
 どうも日頃の手応えが弱い、
・ブログの「いいね」はつくけど、
 申し込みが中々入らない
・せっかく作った商品の反応が良くない

 

のだとしたら、

 

このタイトル(=コンセプト)を
もう一度、見直すタイミングです。

 

コンセプトはですね、
一度、作ったらOKではないのです。

 

形にしてお客様に届けて、
その反応がイマイチだったら、
すぐ改善です。

 

コンセプトというのは、まず、
「理解される」段階を経て、その上に、
「新しい、共感できる」モノに
磨いていくのです。

 

多くの人が、これを横に置いて、
あれをやらなきゃ、
これをやらなきゃ、
となります。

 

もちろん、
そのような「戦術」も大事なのですが、
コンセプトといった根本的な「戦略」は
もっと大事です。

 

だから、コンセプトは、
是非、定期的に見直すようにしてください。

 

企業だって、毎年、
見つめ直していますからね。

 

PDCAの原点に、
いつでも立ち戻れるようにするのが、
賢いやり方です。

 

 

―――

 

● あなた独自のコンセプトをつくり、
 「予約でいっぱいの仕組みをつくる無料メール講座」は
 ▶こちらをクリック!
 
● コンセプト・ブートキャンプ!≪自宅ワーク版≫は、
 ▶こちらをクリック!
 
● 芳月健太郎のアメブロは
 ▶こちらをクリック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。