menu

芳月健太郎 公式サイト

元広告会社プランナーの芳月健太郎が、企画コーチングであなたの隠れた才能を商品化し、さらに活躍するあなたへ導きます

継続契約につながらない4つの理由

hour-s-1994980__340

芳月です。

 

コーチングでもコンサルティングでも、
継続契約が獲ることが肝心です。

 

また、単に継続だけでなく、

 

・単発の関わりでは
 クライアントにしてあげられることに限界がある、

 

・継続で関わらないと
 クライアントの変化が中々わからない、

 

・継続契約を獲らないとこれ以上の売上は望めない、

 

・単価の安い単発セッションを色々並べるほど、
 自分が何者かわからなくなる

 

ということから、

 

他と何が違うのか?どんな位置づけなのか?を
商品設計の段階から創造していくわけです。

 

ところで、
継続契約を獲ろうとする時、
パッと頭に浮かぶのはセールスです。

 

高額になりますから、
しっかりと顧客に商品を理解してもらわないといけない・・・。

 

多くの人が、このように考えて、
一生懸命、自分の商品のことわかってもらおうとします。

 

でも、私の場合、
セールスらしいセールスはあまりやりません。

 

断る理由を無くしていくクロージングなんて一切やらない。

 

契約書を見せて説明なんて一度もしたことがない。

 

時々、「もっと売り込んでよ」と言われる事さえあります(苦笑)。

 

でも、ちゃんとお申込みを頂けます。

 

なぜ、クロージングとか売り込みとかせずに、
お申込み頂けるのかというと、

 

「これだと継続契約にならない!」という4つは、
一応、クリアしているからです。

 

その4つとは何かというと、

 

① 期待や理解のない状態でセッションに入らない

 

② クライアントの悩みの掘り起こしが浅くならないようにする

 

③ クライアントが望むゴールやその道筋をはっきりさせる

 

④ 継続として売るモノの輪郭をハッキリする

 

です。

 

で、この4つですが、実は、
セールスをする以前に決まっている
ということがお分りですか?

 

もちろん、わかる人はすぐにわかります。

 

そうです、

 

この4つは、
商品づくりの時からやっておくことなんです。

 

最初から期待や理解をしてもらうのは、
継続商品がなければ期待も理解もないですよね?

 

悩みの掘り起こしは、
その場でできる場合もありますけど、
継続商品を作っておいた方が、
プロに相応しい掘り起こし方ができます。

 

ゴールとその道筋は、
予め継続商品をつくっておかないと、
この人に任せて安心!という納得感が中々得られません。

 

そして、売るモノの輪郭は、
まさに継続商品そのものですよね?

 

そうです、

 

だから、継続商品を予めつくることが
とても大事なわけです。

 

ところが、

 

言われれば「その通り!」なんだけど、
いざ、自分のケースに当てはめようとすると、
これが中々、できない・・・。

 

散らかった資格をどうしたら良いか?

 

低額の単発セッションがいくつかあるが、
それらをどうしたら良いのか?

 

高額にしたら一気に反応が無くなるのではないか?

 

ほとんどの人はここで止ってしまう・・・。

 

だから、

 

そんな行き詰まりを私は、
継続セッションで一緒に創り上げたり、
セミナーで発想を広げたりするわけです。

 

商品をつくる時には、狙いを定めるポイントがあって、
それがそのまま自分のポジションになります。

 

ポジションとか言うと、
小難しくて敬遠されるのですが(苦笑)、

 

でも、ハッキリ言って、
それで売れやすい/売れにくいが決まるし、
モチベーションが続く/続かないも決まります。

 

はじめてつくる時は、
ポジションもへったくれもないですが、
どんな人でも必ず、ここにぶち当たるんです。

 

(私もそうだし、売れている人もそうです)

 

逆を言えば、
そこに行き当たるのは、
まずはつくってみないと、
そこへすら行けない、ということなんですね。

 

商品設計は、ビジネス基盤の核でもありますから、
集客やセールスの前にちゃんとやっておくことです。

 

商品の出来映えが素晴らしいと、
反応が全く変りますからね。

 

というわけで、
継続契約に中々つながらない人は、
クロージングを研究する前に、まず、
商品設計から見直してみましょう。

 

商品設計を見直したら、日頃のライティングが
しっかり期待を生み出す内容になっているかチェックしてください。

 

その書き方はこちらでマスターできます。

 

 

商品設計やライティングのチェックリストもあります。

 

▼「最高の自分でロングセラーの法則!無料メール講座」

 

---

 

▼売れていく人は、これをしっかりとやっています。

 

---

 

▼「企画で勝負をしている人のアイデアのワザ」

 

---

 

▼個人セッションの詳細はこちらです

 

 
● 芳月健太郎のアメブロは
 ▶こちらをクリック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。