menu

芳月健太郎 公式サイト

元広告会社プランナーの芳月健太郎が、企画コーチングであなたの隠れた才能を商品化し、さらに活躍するあなたへ導きます

チャンスは準備した者のみに訪れる

a0070_000197【NO3_波と光】

こんにちは。
プランニングコーチの芳月健太郎です。

 

その昔、まだ私がブランドマーケティングに
夢中だった頃・・・。
クライアントの一人が、某グローバル企業に
ブランドマネージャーとして
転職していった事がありました。

 

当時、私は、そのご担当と
一緒になって商品開発の仕事をしていました。

 

まだ当時の彼は、市場や競合分析も曖昧で、
創造性にも偏りがあり、
マーケッターとしてやっていけるのか??
と、ちょっと疑問符が付くような仕事っぷりでした。

 

しかし性格は素直で人がいい。

 

地頭は元々良いので、
周りの意見をよく聞きながら、
コツコツと実力をつけていました。

 

そしてそのプロジェクトも終り、
彼とも接する機会が減ったある日、
彼にそのグローバル企業から
お声がかかったのです。

 

迷った末、彼はその企業に
転職して行きました。

 

当時、そのクライアントでは、
営業部隊が優位に立ち、
マーケッターの立場は弱まるばかり。

 

マーケティングとは名ばかりの、
やらされリニューアル部隊に
成り果てていました。

 

そんな窮地からの見事な転身。
その時の彼の言葉が印象的でした。

 

「チャンスは準備している人にしか来ない」
「だからどんな時でも
準備を怠ってはいけないんだ」

 

ライフワークの準備は、まさにこれです。

 

陰日向なく、地に足をつけて準備するのです。

 

自分を棚卸しし、
自分の価値観を知り、
自分のコンセプトをつくり、
自分の価値をキャッシュに変える仕組みを創り、
コツコツと実践を重ねて磨いていくんです。

 

そして、こういう作業は、
半分以上は会社に勤めながら出来ます。

 

そういう積み上げの中で、
小さなブレークスルーが
起こってくるのです。

 

「あ、これなら行けるかも」
「こうしたらうまくいくんだな」

 

こういう小さな気づきを重ねる度に、
少しずつ、ある種のオーラを纏っていきます。

 

続けてきたという自信。
乗越えたという達成感が、
風格として表れてくるんですね。

 

そして、傍であなたを見ていた誰かが、
風格のあるオーラを纏ったあなただったら
こんな仕事が出来るだろうと思って、
あなたにチャンスを運んでくるんです。

 

まだ、そんな事、想像すら出来ない
という段階は、辛いモノですが
その夜明け前の暗い時期を
どこまで堪え忍べるか。

 

自分を信じて続けられるか。

 

でも、信じなきゃ、
何も起きないですからね。

 

離陸の向かい風に乗れるように
今から、知力、体力、精神力を
鍛えておきましょう。

 

頑張りましょう!同志諸君!

 

―――

 

● あなた独自のコンセプトをつくり、
 「予約でいっぱいの仕組みをつくる無料メール講座」は
 ▶こちらをクリック!
 
● 個人セッションの詳細は
 ▶こちらをクリック!
 
● 芳月健太郎のアメブロは
 ▶こちらをクリック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。