menu

芳月健太郎 公式サイト

元広告会社プランナーの芳月健太郎が、企画コーチングであなたの隠れた才能を商品化し、さらに活躍するあなたへ導きます

マンネリになっても反応が薄くても、安定的に書き続けられる秘密

dining-table-710040_960_720

芳月です。

 

私は定期的にセミナーをやっています。

 

昨年からは月1回ペースですが、
2年前は多い月で3回やっていました。

 

セミナーは好きなので、
また増やそうかと企んでいますが、

 

セミナーで面白いのは、
参加者の方の考えや状況が、
一度に沢山、集まることですね。

 

 

まぁ、私的にはマーケティングリサーチの場です(笑)。

 

先日も、
こんな質問がありました。

 

「最近、記事がマンネリ化している気がして、
 うまく書けずに逆ブランディングになるのなら、
 しばらく休むなどした方が良いのでしょうか?」

 

さて、あなたはどう思いますか?

 

私もこういう気持ちはよ~くわかります。

 

というか、私も、

 

ワンパターンに陥ったり、
アクセス数がジリジリ下がったり、

 

決まった!と思った記事の反応が悪かったり、
満を持してリリースした企画をスルーされたり、

 

・・・と、うまく行かないことの
ほとんどを経験しました。

 

また、盆も正月も休みなく書き続けても、
ほぼ無反応だった期間は軽く1年を超えています。

 

でも、

 

ペースは変えませんでしたよ。

 

また、

 

沢山のクライアントや起業仲間を見ても、
ペースを変えない人ほど、
ゆっくりと右肩上がりの成長を描きます。

 

ちょっと前に、
大分前に継続にお申込み頂いた方から
久々にまたお申込みを頂きましたが、
その方は先々月、過去最高売上げを記録したとか。

 

でも、最高売上げ記録に至るまでの数年間、
ほとんどペースは変わっていません。

 

別のクライアントさん達も、
ペースを変えない人は安定軌道を描いています。

 

そして、これとは反対に、
書くことについて次のような傾向があると、
中々、ビジネスは回らないようです。

 

それは、

 

・情熱的に書いたり、パタッと休んだりを繰り返す

 

・尻すぼみのように記事の内容が浅くなる

 

・ブログタイトルをコロコロ変えすぎる

 

・書くことは不向きと動画やリアルに切替えるが中途半端

 

などです。

 

これは、非常に不安定な気持ちが、
このような行動に表れるわけですが、

 

不安定な気持ちとは、
言い方を変えれば自己否定です。

 

「このやり方がダメ」「能力的にダメ」「自分がダメ」
という気持ちでいっぱいになるんですね。

 

また、この自己否定感というのは
意識が自分に向きすぎていることに
本人は中々、気づけないものです。

 

「私ってダメ?」「このやり方は私に合わない?」

 

というふうに、私、私、私、になっているわけです。

 

そして、

 

もうお分りだとおもいますが、

 

ビジネスとしてやっていく上で一番大事なことは、
相手の悩みや望みに応えることですよね?

 

すると、

 

相手が何を考えているのかを
よ~く知らないといけません。

 

でも、相手が何を考えているのかを知るのは難しい。

 

だから、

 

私、私、私で占められている
頭の最低でも50%くらいは(本当はもっともっと)、

 

「相手は何を思っているんだろう?」

 

「何に悩んでいるのかな?」

 

「これをやったら喜ぶかな?」

 

と思っていなければいけないはずなんです。

 

相手は何を思っているのかわからないから不安、
というのは、自分に意識が向いていること。

 

相手が何を思っているのかわからないから、
これか?それともあれか?と思うのは
相手に意識が向いていること。

 

この差です。

 

自己否定になってしまうか、
反応が無くても頑張れるかの差は。

 

以前にも、

 

「もっともっと、目の前の人の成功にフォーカスする」

 

と、お話しましたが、
それはブログやメルマガを書いている時も同じです。

 

「こうやったら喜ぶかな?」

 

「これを話したらびっくりするかな?」

 

と、その仮説が当たったり外れたりするから、
楽しくて続けられるんですね。

 

(外れる時は、そりゃ、悩みますけど・笑)

 

だから、

 

先の質問の「しばらく休んだ方が良い」
ということはあり得なくて、

 

それよりも、

 

「あれか?これか?」という
相手の気持ちに深く入る習慣を養う方が、
よっぽどライティングは上達します。

 

ブログやメルマガ、
またフェイスブックなどもね、

 

こんな力を養ってくれる有り難いツールなのです。

 

集客ツールだから使いこなさなきゃ!
とか焦らずに、
じっくりと付き合っていけば良いんですよ。

 

そういうスタンスでいる方が、
あなたなりの使い方で、
もっと楽しめるはずです。

 

 

ライティングを楽しみながらレベルアップするチェックリストです。

 

▼「最高の自分でロングセラーの法則!無料メール講座」

 

---

 

▼売れていく人は、これをしっかりとやっています。

 

---

 

▼「企画で勝負をしている人のアイデアのワザ」

 

---

 

▼個人セッションの詳細はこちらです

 

 
● 芳月健太郎のアメブロは
 ▶こちらをクリック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。