menu

芳月健太郎 公式サイト

元広告会社プランナーの芳月健太郎が、企画コーチングであなたの隠れた才能を商品化し、さらに活躍するあなたへ導きます

幸せなプロフェッショナルになるコツ

Sea view terrace of the luxury hotel

芳月です。

 

1年には3つの節目がある―――

 

この話、
「超!スケジューリング術マスター講座」で、
お伝えする内容なのですが、

 

夏が過ぎたら、次の節目は年末年始です。

 

因みに、節目は年末年始、GW、お盆休みの3つ。

 

この節目の時は、

 

・集客がガクッと落ちる

 

・節目を過ぎると人や社会の気分はガラッと変わる

 

となります。

 

この時期、皆、
旅行や帰省などで忙しいのですから、
当然ですよね?

 

私も、節目は旅行などを楽しみますが、
同時にメルマガの内容もちょっとスピっぽくなります(笑)。

 

あ、いえ、読むだけで最高になる内容になります(笑)。

 

またその時、こんなこと、思っていますよ。

 

「そもそも、なぜオレはこの仕事をやっているんだ?」

 

「オレが本当にやりたい事とは????」

 

「オレの人生の目的とはーーーー??!!」

 

・・・というのは大げさですが(笑)、
まぁ、これに近いのかもしれません。

 

あなたはどうですか?

 

(あ、ならないなら良いです・・・)

 

それはともかく、

 

私もさすがにこの年まで生きてきて、
節目の度にボーッと考えてきたので、

 

答えは毎回、似ている感じがします。

 

それは何かと言うとですね・・・

 

・・・

 

・・・

 

・・・

 

目標より目的を大事にする、
ということです。

 

目標とは、例えば、

 

・年商1億を目指す
・個人起業家の〇〇ジャンルで№1の地位を得る

 

といった大きなものもあれば、

 

・月収50万稼げればラクなのに~!

 

・あの楽しそうな起業家仲間に入りたい~!

 

というのもあります(笑)。

 

まぁ、ゴールのようなものですね。

 

もちろん、

 

目標を持つことは大事です。

 

それがモチベーションになって、
日々、頑張れるのなら、
ないよりあった方が良いですよね?

 

でも、

 

目標とか目的とか、
“独りよがり禅問答”を繰り返した結果、

 

どうやら、

 

目標に重きを置きすぎると、
力尽きやすくなる、
という答えを得ました。

 

わかりやすい例で言うと、

 

〇〇大学合格を目標にして、
毎日10時間、勉強し続けたが、

 

合格したら目標喪失症候群になり、
不合格なら自信喪失症候群になって、
結局は力尽きる・・・という感じです。

 

(その後、復活すれば良いのですが・笑)

 

まぁ、受験は若いときの一時のことですが、

 

ビジネスでも見ているとこういうケース、
沢山ありますよ。

 

「あ~、何とか月50万稼げるようになりたい!」

 

と切望している人ほど、
途中でモチベーションが切れて、
コンセプトを変えまくったり、

 

「アイツに勝つ!」

 

と目の色を変えて頑張る人ほど、
実はビクビクと不安でいっぱい、
といったケースです。

 

これらの例を見ていると、

 

頭の良いあなたなら、
もうお分りだと思いますが、

 

こういうの、ずーっと続かないでしょ?

 

少なくとも、私だったら無理です。

 

こんな気持ちを原動力に
仕事をし続けることなんかできません。

 

だってね、

 

いつも言っていますけどね、

 

長丁場なんですよ、仕事って。

 

個人起業家の場合は定年もない。

 

サラリーマンのように、
上司がこれをやれ!なんて言ってくれない。

 

自らモチベーションを管理して、
課題を見つけて、
自ら解決していかなきゃいけない。

 

そんな中で、
月にいくらとか勝つとか、
そんなペラペラな目標のために頑張っても、
10年、20年と続くわけがないのです。

 

それよりも、

 

やっぱりね、

 

成長です。

 

============
成長を目的にするんです。
============

 

成長は日々の中に感じられる、
小さな進歩の積み重ねです。

 

「今回のセッションは、クライアントも気づかない
 深いところを引き出せたぞ。嬉しいな~」

 

「今日のブログ記事は決まったな!
 やっぱり、この手の内容が自分に合っているのかな」

 

「皆、あんなアイデア無理とか言うけど、
 本当にそうかな?やってみないとわかんないじゃん!
 よし、ここはあえてセオリー無視で行ったれ!」

 

こういう小さな喜びとか、
チャレンジへの自覚とか、
そんな自分を楽しみながら冷静でいる姿勢が、
成長を実感していることなのです。

 

その方が、幸せだし、
プロってそうなんですね。

 

私のクライアントを見ていても、
こんな感じで仕事を楽しんでいる人は、
皆、プロフェッショナルで、
安定的な成果を出していますよ。

 

・ランニングを通じてクライアントと一緒に
 成長を楽しんでいる人

 

・不登校や夫のDVを独自の方法で次々と治す人

 

・数カ国語を武器に世界を相手にしながら、
 思い切り趣味を楽しんでいる人

 

皆、その仕事自体を楽しんでいて、
仕事を通じて成長しています。

 

そして、

 

今度は自分を振り返って、
仕事を通じて成長を楽しむことが、
ちゃんとできているのか?

 

節目は、
そんなことを振り返る
タイミングでもあるんですね。

 

だから、時々、考えてみてください。

 

あなたがコンセプトにした
その道の追求を目的に置くのか?

 

それとも、

 

売上額や地位を目標にするのか?

 

それは、10年後も同じことを言えるのか?

 

10年後も同じことが言えそうなら、
それが正解!ということです。

 

そんなコンセプトで生きていきたいですね!

 

 

そんなコンセプトのチェック項目も載っています。

 

▼「最高の自分でロングセラーの法則!無料メール講座」

 

---

 

▼売れていく人は、これをしっかりとやっています。

 

---

 

▼「企画で勝負をしている人のアイデアのワザ」

 

---

 

▼個人セッションの詳細はこちらです

 

 
● 芳月健太郎のアメブロは
 ▶こちらをクリック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。