menu

芳月健太郎 公式サイト

元広告会社プランナーの芳月健太郎が、企画コーチングであなたの隠れた才能を商品化し、さらに活躍するあなたへ導きます

新しいことを次々と学ぶ前に「絶対に済ませておくこと」

pixta_18669077_S

芳月です。

 

以前にもお話したことがありますが、

 

3年前に、セミナー企画のやり方を
そのままセミナーにした事がありました。

 

というのも、

 

「お茶会は出来ても、セミナーとなると出来ないんです」

 

「セミナーをやっても、“楽しかった~!”で終わってしまい、
 何かやる気が出なくって・・」

 

という声を頂いていたので、

 

よし、ここはそのセミナーのやり方自体を
一日で完全理解できるコンテンツをつくってやろう!
と、意気込んで企画をつくったわけです。

 

それも名付けて、

 

「フロントセミナーマル秘大作戦!」

 

というふざけた名前のセミナーです。

 

ふざけた名前ですが、
つくった当時は、

 

「フロント施策はやっぱりキャッチーじゃないと!」

 

「007みたいなモチーフにしたら面白いかも!」

 

と、タイトルとは裏腹に大真面目に企画して、
自信満々でリリースしたんです。

 

が!

 

反応はゼロ・・・(苦笑)。

 

いくらブログやメルマガで呼びかけても、
返事が来る気配すらありません。

 

おかしいぞ。

 

セミナー未開催の人は、必ず私に
「是非、教えて~!!」と言っていたのに、
いざ、呼びかけたらゼロぉ???

 

何だ?オレのこと騙したのか~?

 

・・・というのは冗談いですが(笑)←よくあることですネ
結局、中止に追い込まれました。

 

ちょっと悔しかったので、
それ以降、セミナーを教えてくれる
セミナーをやって!と言われても、

 

「いじけたので、継続セッションでしか言いません」

 

と、子供みたいな意地を張っていました。

 

 

でも、それから3年経って、
昔から懇意にさせて頂いている方々から、

 

「それ、今だったら良いんじゃないの?」

 

「開催日、お盆明けだったの~?
 それじゃ、来るわけないじゃん!(呆)」

 

と言われ、

 

「あ、そう?(←すぐ調子に乗る)」

 

「イケそう?そ~お?(←笑いを抑えられない)」

 

と、簡単に決意を覆され(爆)、
今日、昔つくった資料を見てみたんです。

 

そしたら、

 

・・・

 

・・・

 

やっぱり、

 

・・・

 

3年前につくったモノは、
今、見てみると稚拙でした;;;(汗)

 

まぁ、要は「その程度」なモノだったということです・・・。

 

だから、今度やるなら、
もう少ししっかりしたレベルのものに
修正しないといけません。

 

いや、個人セッションでは、
しっかりとお伝えしていたんですよ(←言い訳)。

 

それで成果を出した人もいたし、
基本的な考え方は今でも変わらないんです。

 

でもね、

 

セッションで多くの人の
セミナー企画に関わった結果、
私も色々な事が分かったんです。

 

「あ、セミナーをやる意義を
 そもそも取り違えている人が多いんだな」

 

「セミナーは人数を集めるのが
 カッコイイと思っているんだ」

 

「えー!そこから企画をはじめるの??
 うーむ・・・」

 

私自身も沢山、企画して、
沢山、開催してきましたからね。

 

本当に色々なケースに出くわしました。

 

で、話は戻って、
前につくったモノが稚拙に見えたとしても、

 

良い意味に取れば、
その分、私も進化したということです(笑)。

 

昔の自分や昔つくったモノが、
陳腐に見えるというのは、
その分だけ成長したという事ですもんね。

 

それで、内容を大幅リニューアルして、
タイトルも「最強セミナーコンテンツ企画実践講座」に変えて、
開催してみたところ・・・

 

大好評だったのです。

 

しかも、
募集締切り後も申込みや問合せが続き、
開催した私も多くの学びがありました。

 

 

それで、思うのですが・・・

 

というか、
いつも言っているのですが・・・

 

考えて考えて、
やっとの思いでつくった商品がイマイチとか、

 

散々、学んで調べても、
このコンセプトでイケるという確信が持てないとか、

 

もう一通りのことはわかったから、
次に行かなくちゃ!という焦りとか、

 

ありますよね?

 

そしたら、

 

次は誰に投資しようかな~?

 

と考えるじゃないですか?(笑)

 

でも、その前にね、

 

------------------
私のように3年前につくったものを
見てみてくださいよ。
------------------

 

あるでしょ?

 

パソコンの中に。

 

どうです?それ。

 

ちょっとチンケじゃないですか?(爆)

 

「あ~、こんな幼稚なこと、
 私、考えていたんだ~」

 

なんてセリフが、
頭の中、コダマしていませんか?

 

そうだとしたらね、

 

結論は既に言っちゃいましたけどね、

 

あなたは、ちゃんと進化しているし、

 

むしろ、それを更に進化させられるだけの
経験と学びと知恵がついた、
ということなんです。

 

ヘタすると、

 

昔つくった“それ”を今、出したら、

 

時代にマッチして、
好評になるかもしれませんよ??

 

そういう事例って、
世の中にゴマンとあります。

 

アニメの「ルパン三世」とか。

 

ドラマの「大奥」とか(古過ぎ!)。

 

ビールの「プレモル」とか。

 

言いたいことはですね、

 

昔、一生懸命考えてつくったものを大切にせず、
倉庫に置き去りにしたまま、
新しいモノばかりに目を奪われるんじゃなくて、

 

やって来た事を、
もう一度、見直してみよう、
もっと、掘り起こしてみよう、
ということです。

 

絶対、何かあるんだって。そこに。

 

それが見つけられないのはね、

 

目が曇っているか、

 

新しいことを知っておかないと不安という
神経症的なココロか、

 

自分には何もないから、
外から取入れないと死んでしまうという、
底なしの自己否定感の現れですぜ。

 

何となくしか生きてこなかったのなら、
見つからなくても仕方ないですけど、

 

頑張ってやってきたのならね、

 

あれこれ手を出す前に
もう一度、振り返ってみましょうよ。

 

振り返る時、この100リストが便利です

 

せっかく、この長い文章、
ここまで読んだんですから。

 

そうやって昔頑張ったモノを、
進化した今、修正して練り上げたら、
きっと、あなたの最強コンテンツになりますから。

 

コンセプトの範疇なんて、
それほどガラッと変わることはないんです。

 

やっぱり、自分の成長と共に、
コンテンツも育てていかないとね。

 

そんな最高のコンテンツを生み出す方法はこちらです。

 

 

▼こちらで仕組みづくりの100のチェックリストが無料で手に入ります

 

▼「最高の自分でロングセラーの法則!無料メール講座」

 

---

 

▼売れていく人は、これをしっかりとやっています。

 

---

 

▼「企画で勝負をしている人のアイデアのワザ」

 

---

 

▼個人セッションの詳細はこちらです

 

 
● 芳月健太郎のアメブロは
 ▶こちらをクリック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。