menu

芳月健太郎 公式サイト

元広告会社プランナーの芳月健太郎が、企画コーチングであなたの隠れた才能を商品化し、さらに活躍するあなたへ導きます

「自分に向き合う」というのは具体的に何をする事なのか?

woman meditating in lotus pose on beach at sunset

芳月健太郎です。

 

 

 

---

 

▼ 自分に向き合うためのチェックリストです。

 

すぐにもらえる、
【無料】『予約でいっぱいの仕組みをつくる100のチェックリスト』で
日頃の活動を振り返ってみましょう。

 

こちらからどうぞ。

 

---

 

夏至を過ぎると流れが変わるとか、
満月の日は体調がおかしくなるとか、

 

そういう話を時々、耳にしませんか?
私は独立してから、
はじめてこの話を聞きました。
「ふ~ん、確かに、そんな事もあるかもしれない」

 

 

と思っていましたが・・・。
6月下旬を過ぎた辺りからの頭が重たい感じや、
カラダの中がグルグルする感じが酷くて、
どうにも気持ちが悪い毎日でした;;;(苦笑)

 

(おまけにパソコンも壊れたし)

 

でも、この説明しようのない感覚について、
こないだ、あるコミュニティの参加者のお一人が、
全く、私と同じような状態であることを言われていて、

 

おまけに、その塾長さんも調子が悪くて、
欠席者も一番多くて、
fbでも別の人が同じような事を投稿しているのを見ると、

 

やっぱり、こういう目に見えない力の影響って、
あるんだな~と思いますね。

 

スピ的な本などによると、

 

原因不明の言い様のない倦怠感に襲われる時は、
「生きるステージが変わる時」と、書いてあります。
また、こういう「さなぎの時期」は、

 

・変化を頭で理解しようとしない

 

・外との関わりにこだわる必要はない

 

・本当はどうしたいのかをしっかり考える

 

事に向き合う時間らしいですね。

 

以前の私だったら、
こういう感覚は理解出来ませんでしたが、
何しろ、独立という大きな転機を経験したので、
こういう時期の過ごし方は、今、よ~くわかります。

 

(わかっても、気持ち悪いけど・笑)

 

 

それで、こういう時に自分に向き合うとは、
具体的にどういうことかと言いますと、

 

それは、やっぱり「自分への問いかけ」ですね。

 

 

人は一日に、
3万回の質問を考えるそうですが、
ほとんどの人が、この質問を無意識にやっています。

 

「今日の昼ごはんは何にしようか?」
「今日は、傘は持った方が良いかな?」

 

に始まり、

 

「今日の朝礼では何を言おうか?」
「今日のメルマガは何を書こうか?」

 

などの仕事の事から、

 

「私の人生、どうなるのかな~」

 

まで、質問の「規模」は様々ですが、
呼吸のように無意識的にやっていますね。

 

 

また、規模なんて、
普通の人は意識すらしないでしょうけど、

 

本当の答えを得よう、
新たなヒラメキを得ようとするなら、
これはちょっと意識しないといけません。

 

たとえば、

 

「今、変わり目だとしたら、
自分はどんな方角へ変わるのだろう?」

 

と、もやもや思っていることを
コトバとして質問文にすると、
それだけで、自分が何について思いを巡らせているのか
ハッキリします。

 

もちろん、この質問文はかなり、
漠然としているので、
その答えも漠然とするから、

 

ハッキリと答えが出るには、
まだ少し時間がかかる事もわかりますよね?

 

それが、今度は、少し日にちが経って、
何となく、方角が見えてきて、
もっと具体的なビジネスを描きたいとすると、
新しいコンセプトを考えはじめます。

 

でも、そのコンセプトだって、
当然、ひらめかなきゃできない。

 

 

だから、質問も

 

「自分に期待される事をコンセプトにするとしたら、
どんなコトバが良いだろう?」

 

と、どんどん具体的にするわけです。

 

そして、最後には、

 

「顧客が欲しい!と思ってもらえる、
たった一言のベネフィットワードは何だろう?」

 

とフレーズの中の単語レベルにまで
質問を細分化します。

 

こうしてね、答えって、
数珠つなぎのようにつなぎ合わせるものなんです。

 

 

つまり、自分に向き合うのも
新たなアイデアを出すのも、

 

①無意識にやっている質問を自覚的にコントロールして、
②それぞれの答えをパズルのようにつなげる

 

作業という事なんですね。

 

 

また、こういうことを知っておくと、

 

変わり目の時とか、

新たなアイデアが必要な時、

 

どんな意識で過ごさなきゃいけないか、
わかってきますよ。

 

何かで落ち込んだりしても、
感情の回復方法も冷静に考えることができるわけです。

 

 

今日は、ちょっと抽象的な話でしたが、

 

結局、

 

・落ち込んでも、すぐ次のアイデアを
 考えられるかどうか?

 

・ノウハウを覚えても、自分に置き換えて、
 そのノウハウを生かせるかどうか?

 

といった、「生み出す力」が、最終的にモノを言うので、

その意識の使い方の話でした。

 

そんな生み出す力を強くするには、
ヒラメキをしまっておくフレームを覚えておく必要があります。
それは、こちらで細かく説明しています。

 

 

 

売れ続けるための仕組みのつくり方を
ワークで体に馴染ませていきます。

 

 

★予約でいっぱいの仕組みをつくる無料メルマガ

予約でいっぱいにする仕組みづくりの
ノウハウ”もろ出し”メルマガです。

 

【無料メルマガの主な内容】

・コンセプトのつくり方
・プロフィールのつくり方
・自分の商品のつくり方
・フロントセミナーの開催方法
・停滞期の脱出法
・潜在意識からヒントを得る方法

 

是非、無料メルマガにあるワークを
やってみてくださいね。

 

 

メール×動画×ワークシートで学べる
『ビジネススタートアップ自宅ワークキット』です。

★60日間で売れ続ける仕組みのダンドリを完全マスター!

 

 

自由自在にアイデアを出すための

77のワザが収録されています!

★企画で勝負をしている人のアイデアのワザ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。